視線情報デバイス

視線情報デバイスの活用を目指したソリューション研究開発を開始。

視線情報の可能性をビジネス利用の観点から広げていきます。視線情報は、手がふさがっている作業や障碍者の方への利用に注目・活用され始めています。
ビジネスにも範囲を拡げソリューション展開できるようにサービス化を行います。

事例としてデジタルサイネージなどで利用者がどの部分を注力して見ているのか、熟練者の作業における視線が、初心者とどう違うのかなど、視線情報の記録・分析を可能にします。