WEB会議からVR会議へ
よりいつもの会議に近づきます

WEB会議システムの課題

    音声とカメラ画像による現時点のWEB会議システムでは
    音声品質や画像解像度等の物理的な課題もありますが、
    最大の課題は「参加者に位置の概念がない」ことです。

    そのため、今のは誰に向かっての発言なのかが分からなかったり、
    目配せや体動での情報が伝わらないということが起こります。

    実際に会って会議をする場合には、主たる対象者の眼を見て話したり
    興味があればそちらを向く・身を乗り出す等の位置を前提とした体動を
    無意識の内に行っています。
    また意見がない場合には、意見を求めている参加者から
    目線を逸らせたりもしませんか?



VR会議システムの特徴

    VR会議では実際に会って会議をする場合と同様に
    仮想の3D空間で位置の情報を伴って会議を行います。
    そのため、位置の概念がないことによる前項での課題は解消します。



VR会議システムのメリット・デメリット

    上記以外にもVR会議特有のメリットは他にもあります。
    ヘッドマウントディスプレイの没入感で会議に集中出来たり、
    アバターにより普段よりも発言しやすい雰囲気作りが可能です。
    現時点のデメリットはVRゴーグルを必要とすることです。



上記のVR会議に関するお問い合わせ

担当窓口:営業部

電話番号:06-6342-7811

メールでのお問い合わせはこちら