【大阪開催】セキュリティの専門家、立命館大学上原哲太郎教授とVade Japan&カコムスがおくる「AIを活用したEメールセキュリティと最新トレンド」セミナー開催のお知らせ



日時   2024年7月12日(金)15:00~17:30(受付開始14:30)

場所   Microsoft Base Ritsumeikan

〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町 2-150
立命館大学 大阪いばらきキャンパス(OIC)H棟1F
▼会場詳細URLはこちら(※外部サイトへ遷移します)
https://msjp-azurebase-staging.azurewebsites.net/ja-jp/events/azurebase/places/ritsumeikan/

形式  オンサイトセミナー

参加費
  無料   定員  20名

主催  カコムス株式会社   共催  Vade Japan株式会社

後援  TD SYNNEX株式会社

こんな方へおすすめ

・セキュリティ分野へのAI活用に興味がある方
・メールの誤送信防止に課題のある方
・Copilot for Microsoft 365を検討している方
・Microsoft 365をもっと使いこなしたい方


※本セミナーはオンサイト型のセミナーとなります
・本セミナーは、ユーザー様や導入をご検討されている企業様向けのセミナーとなります。
・弊社と同業他社様のお申し込みは、お断りさせていただく場合がございますので
 あらかじめご了承ください。
1社様につき最大2名様までお申し込みいただけます。
※1社2名様でご参加ご希望の場合は、お手数ではございますが
 ご参加いただきます各皆様分のお申し込みをいただきますようお願いいたします。




プログラム・概要

■セッション1
「電子メールのセキュリティとAI」
立命館大学情報理工学部 セキュリティ・ネットワークコース 教授 上原哲太郎


≪セッション概要≫
電子メールはビジネスに欠かせないコミュニケーションツールである一方で、
送信者の詐称が容易であることから詐欺をはじめとするサイバー犯罪に多用され、
標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃の起点としても広く悪用されています。
本セッションでは電子メールによるサイバー犯罪や、誤送信をはじめとする事故を防ぐ技術を 概観したうえで、AIを利用したメールセキュリティ強化に関して展望を示します。


■セッション2
「PPAPもメール一時保留ももう古い!最新のAI技術と次世代の誤送信防止」
Vade Japan株式会社 プリンシパル メッセージング エンジニア 平野善隆


≪セッション概要≫
PPAP(パスワード付きZIPファイルのメール送信)や現在の一時保留に頼るセキュリティ対策は今や時代遅れです。
本セッションでは、現在の誤送信防止対策の限界を解説し、
最新のAI技術を活用した弊社の誤送信防止ソリューションを紹介します。
また、暗号化や生成AIによるフィッシング対策についても取り上げます。
企業のメールセキュリティを次のレベルに引き上げる方法を一緒に学びましょう。


■セッション3
「初見の方、必見!Copilot for Microsoft 365の実演デモとMicrosoft 365を活用したグループウェア化事例のご紹介」
カコムス株式会社 マーケティング統括本部 営業部 中元 順一


≪セッション概要≫
本セッションでは、話題のCopilot for Microsoft 365 を始めとする最新トレンドのご紹介や、 Microsoft 365 と親和性の高いポータルサイトやワークフローサービスなど複数のサービスを組み合わせたグループウェア化の事例をご紹介いたします。
セッションでは実際にCopilot for Microsoft 365のデモをご覧いただけます。

こちらのセミナーもおすすめ!

Microsoft Base Ritsumeikan 同日午前開催!
日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員(エバンジェリスト)西脇資哲氏による講演が決定!
次世代の学びを創る:AIが拓く未来の社会セミナー


2024年7月12日(金)10:00~11:00
詳細はこちら!

お問い合わせ・お申込み

カコムス株式会社 営業部
Mail: event@kacoms.co.jp