バーチャル展示会

3密を避けた展示会やイベント開催に向けて、バーチャル展示会のコンテンツ制作を行います

バーチャル展示会

展示会に関する、こんなお悩みはありませんか?

  • 新型コロナウィルスの影響で、予定していた展示会が行えなかった
  • 出展する度に発生する設営費や人件費の負担が大きい
  • 会場が遠く出展を諦めた

解決手法の1つとして、バーチャル展示会(VR展示会、オンライン展示会)が注目を集めています。
感染対策として3密を避けられるだけでなく、追客の効率化も狙えるため、
これからさらにニーズが高まると予想されています。

バーチャル展示会

従来の展示会場やブースをブラウザ上に再現することで、
インターネット上での展示会参加が可能になります。
リアルな展示会と同等のことが行える上、バーチャルならではの特長もあります。

  • ブースの設営
  • 基調講演などのプレゼンテーション
  • 資料や動画の閲覧、ダウンロード
  • アンケート実施
  • ノベルティ配布
  • ログのリアルタイム集計
  • 3Dモデルを活かした、商材プロモーション
  • VRゴーグルなどのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を付けることによる臨場感ある体験
バーチャルブース

ブースをCGで製作し必要なコンテンツをブース内に配置します。
配置されたコンテンツ箇所はポイントマーカーが点滅し、詳細が確認できます。

ブースに配置するコンテンツ例

  • 動画、VR映像の埋め込み
  • クイズ、ゲーム、アンケート
  • リアルタイムバナー
  • WEBカタログ
  • CGによるVR360度アニメーション
  • コンフィギュレーター
  • オンライン会議システムを利用したお問合せ対応
  • チャットボットを利用したQ&A対応
  • オンラインセミナー(ウェビナー)
  • 予約システム
  • オンラインショップ

時間、場所などの制約を受けません

インターネット上での公開なので、物理的な制約が無く、世界中のどこからでもいつでも閲覧が可能です。
興味はあるが開催地が遠くて参加を諦める・・・といった機会損失を無くせます。

詳細な来場者情報をリアルタイムに収集できます

来場者の性別・年代などの属性情報だけでなく、
各ブースの滞在時間などの行動情報も取得することが可能です。
さらに、事後の集計ではなくリアルタイムに把握することが可能です。

作成したコンテンツを再利用できます

リアル展示会用に準備したパネルや資料などは、展示会以外での再利用は困難ですが、
バーチャル展示会のコンテンツは、展示会終了後も自社HP上で公開するなど、継続利用が可能です。

レンタルスペースの制約を受けません

リアル展示会では、物理的な広さの制約を受けるため、持ち込める機材などには限界があります。
バーチャル展示会では大きさの制約が無く、従来とは異なる表現が可能になります。

上記のバーチャル展示会に関するお問い合わせ

担当窓口:営業部

電話番号:06-6342-7811

メールでのお問い合わせはこちら