【PowerPlatformコラム】
第15回:Power AppsアプリからWebページを開こう!

第15回:Power AppsアプリからWebページを開こう!

こんにちは!Power Platformコラム担当の高橋です。
第15回は、Power AppsのアプリからWebページを開く方法についてお話しします!

皆様はPower Appsから他のWebページを開いたことはありますか?
Power AppsにはWeb ページや別のPower Appsアプリを
起動することができる”Launch” 関数というものがあります。

Launch関数は起動先のWebページやPower Appsアプリに
パラメータを渡すこともできます。

Power Appsで取得した位置情報をLaunch関数でパラメータに指定し、
Googleマップを開いたり、Launch関数からSMSを開いてメッセージを送信したり、
工夫次第で様々な機能を開発することが可能になります。

最後に、簡単な例文を記載しますので是非Launch関数を試してみてください!
※OnSelectプロパティで設定したボタンをクリックして、カコムスのWebサイトを起動します。

例:OnSelectプロパティ = Launch(“https://www.kacoms.co.jp/”)


配信日:2022年1月27日

PowerPlatformやPowerApps、PowerAutomate、PowerBIなどについてさらに詳しく知りたい方は、
Kacoms Worldにてセミナー動画を無料公開中です。下記バナーより是非ご確認ください。

その他のコラムはこちら