【コンサルコラム】
第20回:正解なんてあるの!?

第20回:正解なんてあるの!?

いつもお世話になっております。コンサルティングサービス部の長榮(ナガエ)と申します。
システム構築・IT・業務改善・業務改革に関する情報や、業務において日々感じていることを、 この場をお借りしてお話しさせて頂くコーナーです。今回は 20 回目。

今回は第11回と同じ書籍から引用。巻末に「天使の助言」が記載されています。

みんなに問題を解決する機会を与えなさい。
解決策を与えるのではなく、正しい方向に導くのです。
その過程で誰もが何かを学ぶことができます。
― 出典:アジャイルプラクティス 達人プログラマに学ぶ現場開発者の習慣 ~天使の助言 No.42~
― ヴェンカット・サブラマニアム、アンドリュー・ハント

データ可視化を進めておられるお客様から「正解か分からない」「どのように進めるのが正解?」とお悩みが寄せられます。 「これで万事 OK!」という正解は我々にも無く、最適解はお客様ごとに異なります。 企業文化・取組状況・内容・段階など様々ゆえ、じっくりヒアリングをさせて頂いて、一緒に対応を検討します。

時には「ありがとう!考え直しますね!」と、お話のみで満足されるお客様もいらっしゃれば、 「まずは周囲を巻き込む作戦を一緒に練ろう」と裏プロジェクトが立ち上がる場合もあります。

ご参考に、データ可視化を進める上で、我々の経験に基づく「方法論」の幾つかをメモしておきます。 「この方向で進めてみよう」「一旦やってみよう」と「納得解」を形成するきっかけになれば幸いです。

■データ可視化のポイント

  • まずは「実績」をしっかり管理する
    → 売上/利益/原価/在庫/工数/顧客/リード/…など、結果数をカウントして可視化する
    → 結果数は、可能な限り早期に確認が出来るようにする (Ex. 昨日までの売上が今朝には見える)
  • 「実績の管理」に時間と工数を掛けない
    → 「自動で集計が出来ていること」が「当然のレベル」になるまで昇華させる
    → 出来ていない場合は、早急に自動化・効率化の対応を行う
  • “可視化(分析)する” とは “何かと比較する” ことゆえ、適切な比較対象を検討する
    → “未来” と比較:計画差、計画比(達成率)、着地見込み、…
    → “過去” と比較:前月比、前年同月比、前回差(Gap)、…
    → “横軸” で比較:事業別、部署別、商品別、…
  • 最重要事項は「見込=直近の予測や予想」への対応
    → 見込の確度を上げる施策や取組みに思考・能力・リソースを割く
    → 見込と実績の乖離原因を究明し、策を検討し、対策を講じる
  • 良いモノは “より良く”、悪いモノは “より悪く” 見せて取捨選択を促す
    → 対応の優先順位を事前検討しておき、その順に良い・悪いを具現化する
    → “これは自分のミッションである” と腹落ちするメンバーを増やす
  • 見てもらう活動(プロモーション)を必ず行う
    → 「良いものだから利用してみてください」を繰り返す
    → どのように良いのか?なぜ良いのか?を説明する
  • 経営幹部の熱意が重要
    → 「事実(データ)を重んじる姿勢を社内に浸透させねばならぬ」という、
    熱意と後押しがプロジェクトを前に進める


配信日:2022年7月15日

業務整理・業務改善・データ可視化の始め方やコツなどをさらに詳しく知りたい方は、
Kacoms Worldにてセミナー動画を無料公開中です。下記バナーより是非ご確認ください。

弊社ITコンサルティングサービスについては、下記よりご確認ください。

その他のコラムはこちら