【PowerPlatformコラム】
第13回:Power Appsのバージョン管理を有効活用しよう!

第13回:Power Appsのバージョン管理を有効活用しよう!

こんにちは!Power Platformコラム担当の高橋です。
第13回は Power Apps のバージョン管理機能について紹介したいと思います!

Power Appsアプリの […] から[詳細] をクリックし、[バージョン] のタブを展開すると
アプリの過去のバージョンが一覧で表示され、過去6か月まで復元可能なので
万が一アプリに問題が発生した際に旧バージョンへ復元することができます。

また、Power Appsではアプリの保存時に [バージョン メモ] を残すこともでき、
任意項目ではありますが、保存時に「何を変更したのか」を記載しておくことで、
Power Appsのバージョン管理がとてもわかりやすくなります。
バージョン メモに入力した内容は、バージョン一覧の [バージョンに関するメモ] 列に表示されるので、 旧バージョンへの復元や変更履歴を追う際に有効活用できます。

ちなみに、[公開済み] 列に “ライブ” と表示されているバージョンが
現在公開中で利用者が利用しているバージョン情報です。

Power Appsでアプリ開発を行う場合はバージョン管理機能の利用をお勧めします!

配信日:2021年11月26日

PowerPlatformやPowerApps、PowerAutomate、PowerBIなどについてさらに詳しく知りたい方は、
Kacoms Worldにてセミナー動画を無料公開中です。下記バナーより是非ご確認ください。

その他のコラムはこちら